掲載された画像・文章の無断使用を禁止します、すべての作品は撮影者に著作権があります。
色々と楽しんできました。
土日を使ってチョッと遠征してきました、このブログも一休みになりました。
PCが手元に無いのは、良いのか悪いのかって感じでしたね。

今回の目的は、2年ぶりの出水のツルを見ることでした。
もちろん行くからには狙っているシーンを撮りたいと思ったからです、それはタンチョウで良く見る千円札の裏のシーンです。
かなり粘ってはみましたが、あまりのツルの多さでこんな写真しか撮れませんでした。
d0023807_6403348.jpg

ツル数が多いということはそれだけ飛翔を撮るチャンスも多くなり、何枚か大きなものをGetできました。
d0023807_643181.jpg

2時間半ほどの間に3箇所で撮りましたけど、色んなツルの生活を見ることができて良かったと思ってます。
どちらかと言うと大人しそうに見えるツルですが、時に激しく争ったりして他の鳥と同様に喧嘩もしていました。
d0023807_6452053.jpg

by birder-hara | 2007-02-12 06:49 | その他 | Comments(14)
Commented by 薩摩節 at 2007-02-12 07:55 x
ねぐらで撮ると、何千といて、ぐちゃぐちゃしすぎますよね。
ディスプレイにも、余分なヤツがいっぱい入り込むし・・
ただ、飛翔はチャンスが何度もありますね。それでも、思った場所には入ってくれない・・
Commented by バーダーカワセミ at 2007-02-12 09:21 x
市の観察場所はものすごい数ですので、周りや別の干拓地で撮りましたけど、どこに行っても半端な数でなく、またドンドンある待ってくるので思うようには行きませんでした。
それと北へ向かう準備なのか、食欲が旺盛で餌探しに夢中でカメラポーズも少なかったです。
Commented by ヒロ at 2007-02-12 09:26 x
北帰行のために、何時もと違った餌を与えているようなので、色んな鳥達も集まっていたのでは?
兎に角沢山居るので、絵にならない場合が多いですね。
カメラマン泣かせです。
Commented by simanami04 at 2007-02-12 10:51
こんにちわ。
鹿児島に行かれたのですね。
丹頂鶴は綺麗ですね。 私が何年か前に小さなツァーで行った時はナベヅル?しかいませんでした。
地味な色合いでした。 本当は丹頂鶴を見たかったのですが。
もうそろそろ、北帰行がはじまるのでしょうか。
Commented by バーダーカワセミ at 2007-02-12 17:59 x
今からヒロさんの言われる、北へ向かうツルの群れが多くなると思います。
毎年万羽ツルを楽しむことができ、とても楽しい場所です。
写真を撮るものにはチョッと多すぎる?となりますけど、毎年来てくれることには感謝しないといけないようです。
それとこの集団が病気(鳥インフルエンザ)にならないのが、幸いと思っていますね。
Commented by バーダーカワセミ at 2007-02-12 18:05 x
simanamiさん第一陣は数百羽先週に帰って行ったそうです。
私の行った時でも「11、???羽」と表示されていましたので、これから風に乗って次々と帰っていくと思います。
考えますと毎年11月から3月初めまでの4ヶ月ですけど、毎年来てくれて楽しませてもらえることには感謝しないといけませんね。
simanamiさん、もし良かったら右の「ホームページ メニュー」の「Mail&Profile」をご覧になっていただければと・・・・!
Commented by 一番星 at 2007-02-12 19:54 x
今晩は・・・出水までご苦労様でした ツルさんもパーダカワセミ様を待つて居たかの様に綺麗なポーズで撮られましたね あの場所鶴がいつぱいで写真も撮れない位でしょう 只時期的に北帰行前の為 集団がバラケかけているのでしょうか?昨年行きましたが少グループが見当たらず叉夕焼け時太陽に入れる鶴を探しましたが此れも出来ず帰つた事を思い出しました
Commented by えすてぃ at 2007-02-12 20:19 x
タンチョウさん、優雅です!
どの鳥も、沢山居ると的を絞るのが難しいですね。
未だ未定ですが、3月後半1週間程九州上陸予定。
でも、そのころには北帰してるんでしょうね。
Commented by katsu at 2007-02-12 21:08 x
頭が赤いのはよく写真で見ますが顔が赤いツルもいるのですね。
上向きのシーンは良いですね~。私も一度は撮って見たいと思っています。
Commented by バーダーカワセミ at 2007-02-12 21:16 x
一番星さんも少し留守にされたようですけど、何か目的のあっての予定だったのでしょうか?
そちらからも私のところからもほぼ同じ距離の場所でしょうね、すでに北へ帰った集団も居るようですので、しっかりと栄養を撮って帰ってもらいたいと思います。
Commented by バーダーカワセミ at 2007-02-12 21:20 x
今晩はえすてぃさん!
皆さんタンチョウのような?と思われています、私が説明をしっかりとしなかったことがいけないと思いますけど、写真はマナヅルです。
体はシルバーの綺麗なツルですが、目の赤い部分が大きいので特徴的ですね。
この出水にはマナ・ナベツルが殆どで、2年前にタンチョウが来ましたよ。
その時は綺麗にタンチョウを撮ることができました。
Commented by バーダーカワセミ at 2007-02-12 21:24 x
katsuさん、この大きな赤い目?、と言うよりは目の渕なのでしょうけど、マナヅルで体が銀色に光る綺麗な鳥ですよ。
こちらならではの鳥かも知れませんけど、その大きさと迫力とゆったりとした優雅さは何回見ても気持ちよいですね。
おまけに画になる鳥ですが、ここは集団で居ますので個体のスッキリした写真はなかなか撮れませんね!
Commented by Psuke at 2007-02-12 22:08 x
いつも同じ被写体ばかり追いかけられているから、ツルを撮られるときもさすがに着眼点が違いますね。
私だったら色々なツルの図鑑写真ばかり撮ってしまいそうです。
非常に参考になりました。
Commented by バーダーカワセミ at 2007-02-12 22:37 x
Psukeさんもご存知のようにあまりにも多いので、観察場所とは別の場所で撮ることにしていますけど、知らぬ間に仲間が寄ってきてドンドン増えていくようです。
家族連れも多く居ましたけど、仲良しシーンばかりでもうチョッと刺激が欲しいと思って、群れの行動の変化を探していました。
<< 今日までは・・・! 真っ暗で嘴が消えました。 >>


ホームページ メニュー
最新のコメント
kokotonさん、いつ..
by バーダーカワセミ at 05:53
バーダーカワセミさんの写..
by kokoton at 19:52
kokotonさん、この..
by バーダーカワセミ at 06:34
ジョビちゃんの人懐っこさ..
by kokoton at 20:09
kokotonさん、おは..
by バーダーカワセミ at 06:56
これは近いですねぇ。そし..
by kokoton at 08:15
Dokudamiさん、新..
by バーダーカワセミ at 22:43
明けましておめでとうござ..
by Dokudami at 22:14
kokotonさん、最後..
by バーダーカワセミ at 23:27
年の最後も珍鳥とはすごい..
by kokoton at 13:00
kokotonさん、こち..
by バーダーカワセミ at 21:17
冬枯れの風景に暖かそうな..
by kokoton at 07:58
kokotonさん、ここ..
by バーダーカワセミ at 20:58
いつもの情景に出会えるの..
by kokoton at 06:18
kokotonさん、ここ..
by バーダーカワセミ at 18:11
いよいよ冬鳥シーズンたけ..
by kokoton at 06:24
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧